相手を無視した態度

スポンサーリンク

恋愛をして振られるというのは、本当につらい経験ですね。
まして、毎日顔を合わせるような社内恋愛であれば、なお更、その後どうやって相手と対応してゆくのか、本当に悩んでしまうかもしれません。
別れの理由がはっきりわからないまま、別れを切り出されたり、何か自分に非があって、相手が分かれたくなったのか、あるいは、他によい人ができたのか、よく分からないうちにそうなってしまった人もいるでしょう。


もともと理由がはっきりしていれば、それはそれで踏ん切りがつくのでしょうが、理由もはっきりせずに、この結果に及んでしまうこともあります。
その後、相手から無視された経験はありませんか?
無視をされるということは、相手が何か怒っている可能性もありますが、単に付き合いが終わったので、もう自分に関わってほしくない手段として、そういう態度を取っている可能性もあります。

スポンサーリンク

しかし、どう見ても相手は大人げがないと思いませんか?
別れの理由がはっきりしていないのに、挙句の果ては無視とは。
もしも相手がそういう感じで対応しているのでしたら、もう相手に気を使うのは終わりにしましょう。
つまり、はっきりもう気持ちに整理をつけて、新規一転しましょう。
また、もしも、今の仕事が好きで続けたいのでしたら、仕事はやめてはいけません。


そんな大人げのない相手に振り回されることなく、毅然とした態度で仕事をし続けてください。
おそらく、本人も別れた理由など、はっきりとしていないのです。
この際ですから、次回から相手の見る目を養いましょう。
そんな経験は二度としたくないと思いますが、日がたってゆくうちに、それも自分にとってよい経験だった思える日がいつか来るものです。
出来れば、社外で誰か他の人を探して、早く幸せを見つけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加