職場恋愛に悩む男女に贈る

(片思い)アイコンタクトでラブアピールする

スポンサーリンク

職場の人に片思いをしてしまった場合、相手の人に自分が片思いしている事を伝える事は「告白」となってしまいます。

 

まだ告白をしたくない場合、相手に自分が好意を抱いている事を少しでも意識してもらいたいものです。

 

その時には、直接口で話すのではなくて目を使って自分の思いを訴えましょう。

 

目を使うことによって、「告白」にはならないので相手の返事を伺う事無く反応を知る事ができるのです。


告白をする時にいきなり何の前触れも無く「好き」と言われても正直困ってしまいます。

 

その突然的な好意を少しでも予防する為に、アイコンタクトを利用して自分が片思いしている事を伝える事によって、片思いされている相手も告白に向けて心の準備をしておく事ができるのです。

 

何事も心の準備が必要ですよね。

スポンサーリンク

心の準備をしている事によって、告白への良い返事を期待する事ができ、職場恋愛への道へと進んでいくのです。

 

突然告白するよりもアイコンタクトでラブアピールをする事によって、事前に自分の気持が分かってもらえます。

 

もし片思いの相手が自分に脈が無かったら、迷惑そうな顔をするでしょうし、片思いの相手が自分に好意を持っていてくれたら、逆に食事に誘ってくれるかもしれません。


アイコンタクトでラブアピールをする事によって、相手の反応を確かめる事ができるので、片思いの相手が出来たら、まず自分から言葉ではなくてアイコンタクトを利用してラブアピールをしてみると良いでしょう。

 

思いの他自分からではなくて、相手の方から意識し始めてくれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加