(交際中)上司と部下でつきあって

スポンサーリンク

上司である人と付き合ってしまう人がいます。
大変リスクの伴うことだと思います。
第一、これこそどう考えても、仕事に関して、ふたりの状態の良し悪しでよく出るか、悪く出るのか決まるからです。
上司である人が部下の女性に手をだすのは、かなり浅はかな態度でもあります。


それが確実に結婚に至るのであれば、まだしも、付き合った当初ははっきりわかるはずもありません。
つまり、大きな賭けをしているようなものです。
もし、その女性とうまく行かなかった時は、その女性が自分のためにしっかりと仕事をしてくれないかもしれません。
私情をはさまないで、普通に仕事のできる人はそうざらにいるわけではありません。

スポンサーリンク

必ずや、多少なりとも影響があると考えるほうがいいでしょう。
それなら、初めから社内恋愛の対象に選ばなければいいのではないでしょうか?
もちろん、相手がどんなに自分の好みのタイプであっても、上司という立場であれば、まずは1歩引く形で、接してみましょう。
もし、その女性が仕事によくミスをする人だったり、きちんとした礼儀もそれほど得意でなかったら、その女性の扱いをどうしますか?


相手を怒鳴ったりするのも、上司として最低の態度です。
私情をはさまずに、その女性がりっぱな一社会人として育つように、手を差し伸べるのが一番よい方法です。
しかし、決して上司と部下で恋愛感情に任せて、行動を起こしてはいけません。
後で、絶対に後悔します。
しかし、どうしてもその女性のことが忘れられないのでしたら、まず違う部署に配属にしてもらうとか、まず上司と部下の立場を解消できるように取り計らいましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加