付き合っていた彼の悪口を言わない

スポンサーリンク

恋愛も毎回ラブラブで楽しい時間を過ごすのであれば、毎日がばら色ですが、悲しい別れ話になった時は、本当につらいですよね。
まして、同じ社内の人とつきあって、結局失恋を迎えることになったら、その苦しみは計り知れないものとなります。


毎日顔を合わせるので、それがつらくてつらくてどうしょうもないと感じます。
仕事も手につかないほど、悩んでしまうかもしれません。
失恋してしまって、もうどうすることもできないのに、自分の行動が裏腹にコントロールが効かなくなる人もいるでしょう。
例えば、失恋の腹いせに、そのつきあっていた彼の悪口を言いふらして、相手を落としていれてやりたい、というような憎しみの行動に出てしまう人はいませんか?

スポンサーリンク

もし、このような行動をして、相手を苦しめ、私のこの失恋の悲痛を晴らしたいと思っているのでしたら、それは間違いです。
そのような行動をしたとしたら、あなたは、逆にもっとみじめになります。
それは、確実にそのような気持ちになるということです。
彼の悪口を言ったことで、相手の立場が悪くなり、出世からはずされてしまうかもしれません。
また、彼が陰口をたたかれて、へんな噂がたってしまい、皆の非難の視線を浴びるかもしれません。


あなたが悪口を言っていれば、相手だって、負けずにあなたのことを言うかも知れません。
考えてみてください。
そういった状況が社内で起こった場合、本当によい環境といえるのでしょうか?
あなたにとって、職場は完全に地獄と化すでしょう。
デートしていた間は、たとえ少しの間でも、よい思い出を二人で築いたのですから、文句を言うのは控えて、楽しい印象で終わるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加