何となく、あの人が自分を見ているようで

スポンサーリンク

同じ部署、もしくは他の部署でもありがちなのですが、それほど気にもしていない異性からの視線でちょっと戸惑うケースもあると思います。
自分のタイプなら、いざ知らず、自分のタイプとまったくかけ離れた相手で、いつも自分のことを意識しているのを肌で感じる経験をした人はいるでしょう。
社内なので、それほど邪険な扱いはできないし、やってはいけないことだと思います。


その相手にいやな顔をしたり、意地悪な態度を取ることで、社内での仕事のやり取りで、何かうまく行かなくなる可能性だってあります。
だからと言って、勘違いされる態度を取るのもかえってトラブルの元になりますので、まずは相手がはっきりとアプローチをしてくる前に、さりげなく相手と自分にラインを引いておくのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

例えば、自分には彼、彼女がいるという話をちょっとした時に周りの人に言っておくのもいいでしょう。
ただし、社内に気になる相手がいるのであれば、これではその人とのチャンスも失ってしまう可能性がありますので、注意してください。
あるいは、相手との仕事はちゃんんとこなしながら、相手とあまり視線をあわせずに、もくもくと仕事をするのもいいでしょう。


また、隙を作らないように、相手の人とふたりっきりになる機会を避けるようにするのもひとつです。
また、興味がないのに、いつも視線が自分にあるので、自分もなんとなく相手を時々見たりするのは絶対やめましょう。
かえって、事態がややこやしくなってしまいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加