社内の人から気があると勘違いされた

スポンサーリンク

社内で過ごす時間は、1日の中で大きな位置をしめています。
つまり、社内の人は、年間にして顔を合わせている時間がほとんど家族のように多いということになります。
毎日顔を合わせる同僚や上司に愛嬌のよい女性は、以外と気があると勘違いされてしまうかもしれません。


毎日毎日、自分に感じよく接して、親切で、何を頼んでも、いやな顔をひとつせずにやっていたり、真剣にアシスタントとして、サポート役をこなしていると、本当にもしかすると、自分に気があるのではと考える人もいるでしょう。
実際、勘違いされて、アプローチを受けた人はいるのではないでしょうか?
社内の中では、仕事ですからもちろん、仕事は正確にこなしたり、誰かのアシスタントをしていれば、その担当の人に対して、あれこれと面倒見がよいのは、仕事のパートナーとしては、大変優秀な存在となると思います。

スポンサーリンク

また、それは会社にとってもプラスの人材であるわけですから、仕事上ではまったく問題がありません。
しかし、どこかでラインを引かないと、微妙に相手に勘違いされることになる可能性もあるのです。
実際、勘違いされて、相手がデートに誘ってきたことで、断ったところ、その後社内にいずらくなってしまったという例は以外とあります。


相手にしてみれば、その気にさせておいてなんと心外な!と感じるのでしょう。
しかし、当の本人は、別にそんな気ではなかったのに、なぜこんなことにならないといけないのだろうと思うでしょう。
その後、二人の間のバランスがうまくいかなくなってしまうのは、言うまでもありません。
ですから、仕事をする際は、しっかりやるのはもちろんですが、相手にラインをある程度引いてやる必要があるということです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加