社内恋愛を勘違いして

スポンサーリンク

社内の中でなんとなく気が会う異性がいて、時々親しく飲むこともある、けれど相手は特定の人だと思ってはいない、という経験はありませんか?
人によっては、飲みに行くだけでなく、休日に遊園地やら、他のデートコースも誘っておきながら、特定の人扱いしない間柄であると、相手が言い張ったらどうなるでしょうか?
確かに、その誘い方はなんとなく相手に誤解させ行為だと思います。


気軽に、ただ友達的につきあったとしても、相手がどう感じるかはそれぞれ違います。
相手が異性である以上、はっきり位置づけをさせるべきだと思います。
週末まで一緒に過ごすのは、やはりどこか特定を匂わす行為です。
しかも、同じ社内ですから、そんなことしてかえって相手の気持ちを傷つける結果になると、後でめんどうなことになるかもしれません。

スポンサーリンク

同じ社内であれば、ある意味で逃れようがありません。
今友達としてつきあっているつもりで、他に恋愛感情をもっている人が見つかれば、そのままもう外出を一緒にしてくれるとは思えません。
男女のかかわりは、そんなに単純ではありません。


もし、勘違いをされるような状況にあるのでしたら、すぐにはっきりさせて相手を傷つけることのないようにしてください。
ヘタをすると、三角関係のような、もっと深みに嵌るようなことに陥る場合もありますので、気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加