社内恋愛、そして結婚

スポンサーリンク

同じ職場内でお付き合いをしていると、いつも誰かに知られるのではないかとハラハラドキドキしている人も多いと思います。
ただ、二人の気持ちが盛り上がっている時はいいのですが、結婚まで至るのか、やはりいつも不安には成ると思います。
社内恋愛で、ある人は同棲にいたるかもしれません。


同棲して二人で同じ屋根の下に住んで、毎日の生活を営むわけですが、それは結婚生活とはちょっと違います。
結婚生活には、お互いに対する責任がありますが、同棲にはありません。
そこで、社内恋愛をしていて、結婚に至るケースと言うのは、割りと一定していたりするようです。
まず、結婚に至るということは、二人の関係がスムーズに続きて行くということです。

スポンサーリンク

その付き合いによって、仕事に支障が生じるようでは、つきあっている意味がまったくありません。
つまり、それではすぐにその関係も解消せざるえない状況にいずれはなってしまうでしょう。
社内恋愛で結婚に至ったカップルの特徴は、以外にもひたすら他の人にバレないように努力していることです。
例えば、二人が職場で仕事の話合いをしている時でも、まったく私情を挟まないように、休暇届けも絶対に一緒に出さないこと。


また、社内の飲み会があっても、二人で一緒に座ったり、なれなれしい口の聞き方をしたり、親密な雰囲気にならないようにしたり、本当に徹底しています。
また、相手が異性と楽しそうに話していても、それはそれで感情をあからさまにしたりせずに、まったく無視した状態で社内で接しているようです。
そうして、最後まで皆がまったく知らないまま、2年くらいたって、突然結婚の発表となったりします。
社内恋愛で結婚に至るポイントは、お互いに仕事の支障にならないように、ふたりはまったく関係ないように振舞っていることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加