(交際中)喧嘩をしてしまった

スポンサーリンク

社内恋愛の相手と交際をやっとスタートさせた矢先に、デート中ちょっとしたことが口論となって喧嘩をしてしまった、ということはよくあることですね。
もちろん、社内恋愛でなくても、普通に男女が交際をしていれば、何かと我侭がでてきたりして、喧嘩になってしまうことはあります。
しかし、社内恋愛をしている場合、これは結構厄介な事態になりかねないのです。


社内恋愛の原則は、プライベートと仕事のラインをはっきりさせることがとても大切なポイントであることは、かなりの人がとりあえず表向きには理解できていることだと思います。
しかしながら、喧嘩をしてしまった翌朝にどんな顔で出社して、相手をあいさつしたらいいでしょうか?
あるいは、二人で同じ会議に加わらなければならない時は、どうしたらいいのか、ちょっと考えると通常大きなため息が一瞬漏れてしまうかもしれません。
しかし、公私の区別をはっきりさせることを考えると、二人の間の喧嘩はまず無視して、職場では仕事の顔で接することが出来るようにすることです。

スポンサーリンク

まして、私情の入った会議を他の人と行うことは、なんとしても避けなければならないことでしょう。
うまく行っている時は、社内恋愛もスリルがあって、なんだかいいと思うかもしれませんが、このように喧嘩をしてしまった場合は、最悪になってしまいます。
しかし、まずは頭を切り替えて、仕事上では何事もなかったような顔で振る舞い、仕事を普通にこなす態度がポイントです。


もし、それが出来ない場合、相手も社内恋愛のむずかしさを知り、そのまま別れを決意するかもしれません。
その異性と続けたければ、公私混同を避けることが大切です。
そうしたあなたの態度を見て、社内恋愛でもやっていけるという勇気が出てくるものです。
ただし、喧嘩をしたその日に、メールで「この度の喧嘩の続きは、次のデートの時に」とひと事言うのも、いいかもしれません。
そうすれば、相手も理解して、喧嘩後でも職場では普通に接することができるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加