(片思い)メールを大いに活用する

スポンサーリンク

今やインターネット、携帯電話の普及により、メールで連絡をしあうことは、当たり前になっています。
特に親しくなくても、メールアドレスの交換を行うというのは、どんな場合においても、一般的に行われていることです。
そこで、社内恋愛をしている人は、インターネットを大いに活用して、連絡をし合っていると思います。
アドレスの交換は、それほどむづかしいことではありませんが、ちょっと意識している


相手のアドレスを聞くのは、とても勇気のいることです。
しかし、相手が快くメールアドレスを教えてくれるのでしたら、これは結構脈ありではないでしょうか?
電話と違って、考えながら文章を考えることができます。
タイプしたものを再度みて、どんな感じを受けるのかを確認してから送信することができます。

スポンサーリンク

電話は、相手からいきなりかかってきますので、その時にたまたまタイミングが悪く、うまく話しができないことだって考えられますので、社内恋愛でなくても、メールがふたりのやり取りに大変有利になるかもしれません。
ただし、社内メールをそういった連絡の方法に使うことは好ましくありません。
万が一ばれた時は、お互いに気マづくなるだけでは済まず、社内での大きな噂の種にもなってしまいます。


こういった行動は、絶対慎むべきでしょう。
常識をわきまえて行動して、相手とのやり取りをメールで行うのでしたら、結構スムーズにいくことでしょう。
特に、最初にうちはメアドで相手の素性を伺って、情報をある程度集めておきましょう。
社内恋愛は、慎重に行うことが大切で、メールで最初親しくなって、相手のことをもっと知ってから、本格的にお付き合いもいいと思います。

 

ちなみに、相手の好意の度合いを見極めて、こちらもメールの内容を変えていくことは大変有効です。
相手の心理状況がどういう状況にあるのかを知れば、有利に恋愛をすすめていくことができるのです。
そのためには、より男性心理について分析的に解説しているサイトで学ぶことが有効ですが、下記のサイトはおすすめできるもののひとつですので、よろしければ、こちらも参考にご覧になってみてください。

 

好意あるメール内容と男性心理とは | 男性心理の好意と態度の関係性

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加