(交際中)社内恋愛を隠すには、まず社内では無視が一番

スポンサーリンク

同じ職場で恋愛を成就するには、まず隠しとおすことが一番だといわれています。
つまり、あるルールを徹底することによって、結婚という成功へと導かれた人が結構多いのです。
その人たちの話によると、社内では一切話さない、朝一緒に電車に乗らない、同棲しない、相手の話を他の誰にも打ち明けない、あるいは噂話にも一切乗らない、廊下で会っても軽くあいさつだけで無視をする、相手が他の異性と話していて、雰囲気もかなり盛り上がっていても、無視等、会社でのさまざまなことに、まるでただの一社員のひとりとして振舞っています。
また、誰かが「彼氏」あるいは「彼女」がいるかどうか聞かれたら、「います」と返事はするようです。


そうでないと、他の人のアプローチとかもあって、また複雑な状況にならないためにも、はっきりと明確にラインを引いておきます。
むしろ、そうやって普段社内において行動したほうが、ふたりっきりで会った時に、とても新鮮だともいえるのかもしれません。

スポンサーリンク

誰かが二人がつきあっていると感ずかれないほうが、いろいろな干渉が入らずにスムーズにゴールまでいけるのかもしれませんね。
ですから、今社内恋愛をしている人は、まず無視という姿勢で挑んでみてはいかがでしょう。


しかし、その態度で行く場合は、まず相手に理解させてからスタートしましょう。
相手に言わずに、いきなり無視の態度で接してしまったら、相手に大きな誤解を与えてしまいます。
あくまでも、二人で話し合って慎重に行動することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加