社内恋愛、妊娠

スポンサーリンク

まさかと思うかもしれませんが、社内恋愛をして妊娠してしまう人もいます。
結婚よりも妊娠が先で、それからすぐに結婚を決意となるようです。
本人たちは、それでも子供を授かったということで、相思相愛のカップルであれば、それもうれしいことですので、本人たちはかなりハッピーな気分にひたっていると思います。


また、いままで社内恋愛をしていることがばれていなくても、妊娠をしたのであれば、隠そうとしても、もう隠しきれるものではなくなってきますね。
しかし、その逆で妊娠を望んでいない場合はどうするかということです。
相手も結婚してくれるかどうかは、まったくわからず、とりあえずつきあっていたけれど、最近、別れをきりだそうかと思っていた矢先に、こんなことになってしまっては、本当にある意味で取り返しがつかない状態です。

スポンサーリンク

また、相手が未婚者であればまだしも、既婚者であった場合は、対会社だけでなく、対その相手の家庭にも、大きな波紋となっていきます。
しかし、妊娠は気をつけていれば、ほとんど起こる可能性はありません。
避妊をちゃんとしていれば、安全です。
しかし、そういった状態を招いてしまったのは、ある意味で女性にも責任がないでしょうか?
自分の生理の周期等もわかっているのは本人だけです。
まだ未婚のうちに妊娠をしてしまうのは、なんらかの注意が欠いていたかもしれません。


しかし、それを今さら悔いてもしょうがありません。
まず、妊娠してしまったら、どうしたいのか?を相手と相談しましょう。
そして、自分の身の振り方が決まったら、その後、会社にはいつまでも隠しておくことができませんので、上司に相談するのもいいでしょう。
結婚をせずに同じ社内に留まるのであれば、他の人からいろいろなことを陰で言われるかもしれませんが、もう覚悟を決めて、生まれてくる子供のために強くあろうと決心して、一生懸命その仕事を確保して働きましょう。
それも自分で選んだ道です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加