社内恋愛ではっきり押さえておくこと

スポンサーリンク

社内恋愛をするのは、特にその会社で禁止されていなければ、本人たちの自由です。
人を好きになることまで、会社にお伺いを立てて行動するわけではありません。
また、隠れてつきあおうが、公にしてつきあおうが、それは会社が介入することではないわけです。


例えば、本人たちが公にして、他の人の好奇心の対象になったり、嫉妬や陰口を言われたりしても、まったく平気であれば、それでもいいのです。
しかし、社内恋愛をするにあたって、いったいどこが問題なのかといえば、それはなんと言っても、会社の業務に支障をきたすことなのです。

スポンサーリンク

例えば、二人が付き合いだしてから、チームワークに磨きがかかり、さらに営業成績を上げているのなら、会社としてはぜひとも、そのカップルをサポートしたくなるかもしれません。
これは極端な話ですが、それでも会社とは、仕事をして、営業成績をアップさせるのが目的の場所ですから、その道理がかなっていれば、会社側としても、社内恋愛をしているからと言っても、白い目で見ることなどあり得ないのです。


しかし、現実にはそうはいきません。
実際のところ、会社が社内恋愛について恐れていることは、その恋愛が失敗に終わった時に出るであろう大きな打撃のことなのです。
仲がこじれた時に、一時的であっても、感情の乱れから、いつもこなしていた仕事ができなくなったり、休暇を取られたり、いろいろな問題について懸念しているからなのです。
これが会社が社内恋愛を嫌う理由です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加