女性が使う社交辞令の言葉

スポンサーリンク

職場内の女性で気になる人がいるけれど、どうしても相手の気持ちがよくわからないと悩んでいる人はいませんか?
事実、女性の気持ちは男性が考えているほど単純ではないでしょう。
社内恋愛となると、かなり慎重に行動しないと、仕事にも大変影響を及ぼす可能性があるので、男性ならかなり慎重に誘わざるえないと考えるでしょう。


例えば、男性が仕事をちょっと手伝ってくれて、その気になる女性が「どうもありがとう。とても助かりました。今度また飲みにでも行きましょう。」と言ってくれたとします。
しかし、それはあなたに気があるからではなく、本当にただの社交辞令であることが多いのです。
社内恋愛のきっかけを探しているのでしょうが、そういったことは本当に心から言っていることではありませんので、きっかけにはならないでしょう。

スポンサーリンク

むしろ、相手に気があるとは思えません。
女性があなたに「○○さんって、本当に頼りがいがあるわ」と言って、男性の心をくすぐるような言葉を述べたとします。
しかし、そういった言葉も社交辞令のひとつだったりします。
つい勘違いして、「それでは!」と思いデートにさっそく誘ってみたくなりますが、そういった言葉には、あまり大意がないと見たほうが賢明です。


女性がこのようなことを言うのは、ただ相手に気を使っていて、仕事上スムーズに気分よくいくように、口に出したりするのです。
社内恋愛の対象を見つけるには、そういった言葉で判断すると、後で大変な目にあうこともあります。
このような言葉ですっかり気をよくした男性がいざ「今度飲みに行こう」といえば、相手は「そうですね」と答えるでしょうが、実際具体的になると、「今ちょっと忙しいので」とあっさり断られてしまうことになるかもしれません。
女性の場合は、目やしぐさのほうがもっとよく理解できることがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加