(片思い)食事を誘う時は、自然に。

スポンサーリンク

これから社内恋愛になりそうな相手がいたら、まずその人へのアプローチ、かなり深刻に考えてしまいますよね。
しかし、あくまでも自然にやるのが一番しっくり、また相手が断るにしても、後々何のしこりも残らないでしょう。
例えば、社内でも同じ部署内であれば、他の社員を含めて夜飲みに行く時など、その彼女に「さあ、行くよ。一緒に来る?」のように誘ってみるのもいいでしょう。


一緒に来ても、それだけでは本当に気があるのかどうかはわかりませんが、少なくてもその彼女を観察する時間が持てるということです。
しかし、飲みにいった先で、相手の横に座って、あまりいちゃいちゃしないように気をつけましょう。
座る位置は、それほど気にせずにして、他の人に彼女への思いを気づかれないように、それとなく話てみましょう。

スポンサーリンク

飲んでいる間に、なんとなく彼女の様子を伺っていて、自分に気があるかどうか、言葉以外のしぐさで探ってみます。
ちょっと彼女のことについての情報を得たら、次の日は「○○のお店のケーキがおいしいって言ってたけど、僕もぜひ今度行きたいな」とか、軽く言って相手の反応を待ちましょう。
もし、そっけなく「そうですね」といえば、あまり脈がないかもしれません。


ちょっと恥ずかしそうに、「あっ!そうですね。ぜひ」とか、目を輝かせていたら、それはOkのサインかもしれません。
社内で周りに誰もいない時を見計らって、「じゃあ、いつにするか連絡するよ」と言って、携帯の番号をきくのもいいでしょう。
そこで、携帯番号で躊躇したら、そこでもう諦めましょう。
それ以上のアクションは起こすべきではありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加