(片思い)やるとチャンスがあるかも

スポンサーリンク

社内の気になる相手とつながりを持つきっかけはやはり何といっても食べたり、飲んだりする場です。
そういう行動を行っている時はなんとなく話もつい本音が出たりして、オフィスにいる時よりも違う側面を見ることができるのです。
社内恋愛の相手になんとかアプローチするきっかけを作るには、残業をしている時なんかチャンスになるかもしれません。


時間通りに帰宅してしまう人には、社内恋愛のチャンスがそれほどやってくるとは思えません。
自分も声をかけられる状況を作ることがとても大切です。
残業をやっていれば、時々部署内で飲みに行くとか、他の部署の人たちと皆で飲みに行くとか、いろいろなチャンスがあり、それでお目当ての独身の人と話すことができるかもしれません。

スポンサーリンク

ただし、お酒を飲んで醜態をさらすようなことをしないように気をつけてください。
飲みすぎて、ハメをはずして、自分が何をしているのかわからなくなっなんてことになったら、一度で嫌われてしまうでしょう。
とりあえず、お酒をたしなむ程度で、楽しいおしゃべりをして、印象のよく振舞うことです。


いずれにしても、社内恋愛で相手の人を誘うチャンスは、毎日顔を合わしていて、たくさんありそうですが、そんなにあるわけではありません。
常にタイミングが重要です。
それには、自分からも積極的に作るように、機会をうかがっておきましょう。
そして、ちょっとした隙にうまくチャンスをモノにできるようにがんばりましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加