(交際中)仕事上は、何も変わらないプロとして意識を持つ

スポンサーリンク

仕事上に私情を挟むと、途端に仕事ではなくなります。
しかし、どんなにすごい仕事であっても、男女の恋愛が関わると、ベストなアイディアも私情で打ち消されてしまうこともありますので、注意が必要です。
社内恋愛において、仕事が大いに自分と関係がある部署にいる相手であれば、いつもプロ精神を忘れないで仕事に励むようにしてください。


例えば、あなたの相手が営業担当で、あなたがその営業アシスタントをしているとします。
営業はたくさんの人と会って、会社の商品を売ってゆく仕事ですから、先方の会う担当者が異性の場合もあります。

スポンサーリンク

その場合、ビジネスが成立しそうなのに、営業アシスタントとしてのあなたが、そのビジネス相手に感じ悪く接したり、伝言をちゃんと伝えないとどうなるでしょうか?
仕事は、成立するどころか、かなり打撃を受けてしまうでしょう。
営業は、たくさんの人と接して、どちらかと言うと、その先方の営業担当者とも親しくなることはありますが、それはビジネス上のことです。


いろいろな手法がありますが、まずは趣味の話から入って、ビジネスに結びつける人もいます。
しかし、ほとんどがその場の話で、別に大意はありません。
ですから、あまりへんな詮索をせずに、しっかり営業アシスタントとしての力を発揮して、相手を立てた行動をすることです。
もし、仕事上でそういった嫉妬の感情をはさみ、不快な行動に出てしまったら、その社内恋愛はもう遠くはないかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加