嫉妬心が強くて振られてしまった

スポンサーリンク

同じ職場にいて、デート以外にも毎日職場で顔を合わせるのですから、相手の一日中の行動をほとんど目にして、気になることはひとつや二つあると思います。
ましてや、相手が異性をちょっとでも楽しそうに話していると、何となく嫉妬心もわいてきて、仕事どころではなくなってしまうことも可能性として大いにあります。


実際、仕事も中途半端にして、相手の行動をいちいち探って、はらはらしている嫉妬深い人は、結構いるのではないでしょうか?
まず、ひと事、「職場恋愛を続けるのであれば、公私の区別をはっきりさせる」と言うのは、原則になっています。
これは、どんな場合においても、公の場ではポーカーフェイスを維持することが大切であるのです。

スポンサーリンク

実際、自分の行動を考えてみて気がつくと思うのですが、たとえ話をしている異性がまったく意識の対象になっていなくても、社交辞令で相手に感じよく接するのが礼儀というものです。
何かの瞬間に一緒に楽しく笑ったとしても、それには他に何の深い意味もないことが多いのです。
しかし、恋愛をしている間は、相手がそんなシチュエーションをしているのを見て、過剰に反応する人がいます。


そのような意味のない嫉妬は、二人の間に大変大きなトラブルを起こしかねません。
特に、社内恋愛においては、行動によっては、取り返しのつかない状況に追い込まれ、ついには別れがくることも避けられなくなります。
実際は、別れが来るのと同時に、職場に二人ともいられなくなって、やめてしまうケースまでに発展することもありますので、職場での嫉妬心は十分に控えることをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加