別れた後、退職をしてしまう

スポンサーリンク

職場恋愛の何がまずいかといえば、経験者は一同に口をそろえるのが「別れた後、かなり気まずい思いをした」ということが一番に挙げられます。
それはそうですね。
まず、前の日に別れ話が出ても、翌日はまた顔を合わせるというのが避けられないからです。


前日に別れ話が重く重くのしかかっているのに、次の日からごく普通の顔をして過ごすことなんて、普通の神経では無理に決まっているでしょう。
特に、振られたほうは、職場を休んで、一日泣き続けていたい気分でしょう。
それがいやで、結局その会社を辞めて、転職をした人は結構いるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今は世の中も経済の停滞が多いために、転職先が簡単に見つからない人もいると思いますが、そのような重い状態を少しでも早く脱するために、転職が出来るようであれば、それもひとつの案として考えたほうがいいでしょう。
ただでさえ、職場恋愛には、トラブルがつきものですから、なるべくその環境を脱して新規一転するには、仕事を変えるのもひとつの手です。


今の仕事をそのままキープしながら、他の転職先の面接を受けていけばいいのです。
別れた後は、寄りを戻すとかそういったことを考えずに、すぐに気持ちを入れ替える努力を怠らずにいれば、きっとまたよい人が現れるでしょう。
それには、トラブルのもととなる場所から離れることが一番です。
運を変えるには、いつまでも同じ場所で立ち止まっていないことで、風向きが変わるように、自分の環境の良い変化を経験できるように、積極的に動くことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加